ともに生きる・福祉のページ
京都新聞掲載「ともに生きる」「福祉のページ」の記事をネット上で紹介するコーナーです。
来た道 行く道

「ともに生きる」をテーマにした福祉コラムです。

使い捨て文化を見直そう


久御山おもちゃ病院院長
長岡 幸夫さん




福祉活動のほか、地域振興の一環に、地元企業家たちによる野菜の水耕栽培装置開発や機能性野菜の研究にも参加している長岡さん。「今は忙しさを楽しんでいます」と話す。
 多くのボランティア活動に携わるようになってから、依頼にすぐに応えられるよう、いつもこの赤い作業着を着ています。おもちゃ病院で修理、高齢者宅で電球交換…と、何をするにも作業着が便利です。街で「赤い服のおっちゃん」と呼ばれるほど、作業着姿が板につきました。

 京都市内から久御山町に移り住んで40年。ずっと町の知名度向上が必要と感じていました。最初に取り組んだボランティアは古川の浄化です。城陽市から久御山を経て宇治川に注ぐ古川は当時、タイヤやゴミが大量に捨てられどぶ川の状態でした。

 汚れと悪臭がひどく、有志に呼びかけ15年前に「古川を美しくする会」を結成。大型のごみは軽トラックで引き上げるなど、定例作業日を設け清掃を続けました。高校生や地元企業からも応援をいただき、運動が広がったのはうれしかったですね。

 会員が約100人になったいま、古川は清流を取り戻しました。魚が戻り水鳥も来ます。水質をさらに高めようと今後、再生炭素繊維を使った浄化試験に取り組むところです。

 壊れたまま家庭に放置されたおもちゃを再生させる「久御山おもちゃ病院」は、町社会福祉協議会のシニア講座に参加した7人で9年前に始めました。「使い捨て文化を見直し、修理を共にする子どもに科学の心を養ってもらおう」という趣旨。時間に余裕があるリタイヤ世代の生きがいづくりも兼ねています。

 「開院日」は、町の施設で月1回ですが、多い日は約30件の依頼があります。見学に来て仲間に加わる人もいて会員は20人に増えました。東日本大震災の被災地、宮城県石巻市で出張開院したこともあります。

 私は若いころ事務系職場で働き、途中から久御山町で義兄が経営する精密板金会社に移り、ガス溶接や穿孔などの技術を習得しました。はんだ付けもできるので、おもちゃ修理は苦になりません。「治療代は、直ったおもちゃを受け取る子どもたちの笑顔」が、仲間の合言葉です。

 町社協をベースにした高齢者対象の活動には積極的に参加してきました。見守り活動の「ふくろう隊」はもう10年、暮らしの困り事に応じる「クミトピア(かなえモン)」は4年目。警察から依頼された「声かけ隊」は、始めたばかりです。最近は訪問先の住人が、私より年が若いケースが多くなりました。

 これから目ざす活動の一つに、認知症の人が身に付けGPSで居場所を探知できる缶バッジの制作があります。缶バッジはおもちゃ病院のサービス品として自作しているので、組み込むチップの開発を急いでいます。

 ボランティアは利害関係なしにできる活動ですから、コミュニケーションの場としても楽しみは無限。100歳まで続けたいと願っています。

ながをか・ゆきお
1935年、京都市生まれ。農協勤務の後、精密板金技術を習得。久御山町の板金加工会社に勤務の傍ら、ボランティア活動に参加。久御山おもちゃ病院のほか、河川美化、高齢者の見守り活動などを主導した。久御山町社会福祉協議会理事、町シニアクラブ連合会理事などを歴任。