お知らせ

事業団からのお知らせ

京都新聞福祉活動支援申請受け付け(19/11/12) NEW!

 京都府・滋賀県の地域福祉向上のため、地道に活動を続けるボランティアグループや福祉施設・団体の運営、設備などに助成します。

  • 対象
    京都府・滋賀県内に所在、または同地域を主な活動の場とし、年間を通じて組織的、計画的、継続的に活動、または活動計画のある団体

  • 運営部門
     @助成額は1件50万円まで
     A活動実績・計画が他団体の模範となり推奨できる内容であること
     B地域福祉への貢献が極めて高いと認められること

  • 設備部門
     @助成額は1件100万円まで
     A緊急を要する設備の補充や整備で、助成により利用者や団体の活動成果が大きく期待できること
     B50万円以上の申請は自己資金を必要条件とする
     C車両は除く

  • 申請方法
     所定の申請書に記入し、必要書類を添えて提出してください。

     福祉活動支援の要項・申請書は下記からダウンロードできます。

     ●福祉活動支援の要項はこちらからダウンロードできます(PDF/285KB)

     ●福祉活動支援の「運営部門」の申請書(PDF版)はこちらからダウンロードできます(148KB)
     ●福祉活動支援の「運営部門」の申請書(EXCEL版)はこちらからダウンロードできます(16KB)

     ●福祉活動支援の「設備部門」の申請書(PDF版)はこちらからダウンロードできます(154KB)
     ●福祉活動支援の「設備部門」の申請書(EXCEL版)はこちらからダウンロードできます(17KB)

  • 提出・問い合わせ先
      〒604―8577 京都市中京区烏丸通夷川上ル
       京都新聞社内、京都新聞社会福祉事業団「福祉活動支援」係
        075(241)6186

  • 締め切り
     12月13日(金)必着

台風19号災害救援金受け付け(19/10/16)

     台風19号により甚大な被害を受けた被災者救援のため、京都新聞と京都新聞社会福祉事業団は「台風19号災害救援金」を16日から12月27日(金)まで受け付けます。救援金は日本赤十字社、自治体などを通じて被災者に届けます。
     救援金は、ご持参=京都市中京区烏丸通夷川上ル、京都新聞社4階窓口(午前10時〜午後5時、土日祝日は休み)か、現金書留=〒604−8577(住所不要)、郵便振替=01010−1−9888で、公益財団法人京都新聞社会福祉事業団へ。封筒や通信欄に「台風19号災害救援金」と明記してください。
    寄付者の氏名などを紙面で掲載します。匿名希望の方は申し出てください。郵便振替の手数料はご負担ください。物資はお受けできません。
     問い合わせは同事業団075(241)6186
     
    京都新聞、京都新聞社会福祉事業団

第37回京都新聞チャリティー美術作品展(19/09/27)

第37回京都新聞チャリティー美術作品展を開催します。全国の著名な美術家(洋画・日本画・陶芸・工芸など)、宗教家、文化人ら約1000人から福祉のためにと寄贈していただいた作品をご覧のうえ、入札でお求めいただきます。「ともに生きる」をテーマに、みんなが助け合って生きる社会をめざして福祉活動に役立てます。
今回は、京都新聞「福祉のページ」に掲載の障害のある人が制作した「わたしの作品」の原画の一部を特別展示します。(入場無料)

猪熊佳子氏「煌く森へ」
猪熊佳子氏「煌く森へ」